インフレや消費税などの増税により、資産不足が心配になります。でも、もし投資で資産が増やせるなら生活水準が上がるかもしれません。

嬉しく笑っている男女たち
グラフ

近年、アベノミクス政策の中で、デフレからの脱却が叫ばれています。
もし、アベノミクスが成功しデフレからの脱却、すなわち経済がインフレ傾向に向かい始めると、相対的にお金の価値が減少してしまいます。
そのため、伝統的に日本人が好む貯蓄をすると、結果的に損をしてしまう虞があります。
よって、インフレに対して何かしらの自己防衛対策を行っておく必要があります。
インフレ傾向の経済下でその価値が上昇していくのが株です。
インフレが起きた場合、物の値段が上がります。
その結果、デフレの頃よりも企業の売り上げは上昇することになり、利益が増加します。

よって、利益が増加することで配当が増加する等、投資家たちにとって魅力的な投資先になり、株価が上がるようになります。
そのため、インフレ時においては、株を保有することは有効な資産運用方法であると言えます。
もちろん、株価は、インフレが起きなくても上昇をすることは十分あります。
そのため、比較的安定した経営を行っている会社の株を保有しておくということは、どのような経済状態であっても資産を守る上では魅力的な投資です。
確実に明日の株価を予想することすら難しい時代ですが、安定した企業に投資することは難しいことではありません

株価の上昇以外にも、近ごろ長引く預金金利の低水準化は預金を行う魅力を激減させてしまっています。
しかし、株を保有すれば、配当金や優待を受け取ることができ、預金では非常に低い利回りとなりますが、株を保有することで、利回りが3%以上得ることすらできます。
そのため、サラリーマンの人であれば、主な収入である給料以外の収入として、配当金等を受け取ることで少し贅沢な生活を送ることができるようになるかもしれません。
また、優待には会社の取り扱っている商品が送られてくることも多く、優待がきっかけで魅力的な商品に出会うことができる可能性もあります。

サイト内検索
アーカイブ